使い方

作業の編集画面に操作ログを表示しました

ある製品において、受注の手配から出荷完了までの操作ログを確認することができます。

Taktory上でのステータスと現場の状況があっていない場合などに、どのユーザーがいつどんな処理をしたか調べることができ、問題解決がスムーズに行えます。

操作ログの画面

操作ログは、作業の編集画面から確認できます。

作業の編集は、「全作業編集V2」「作業指示リストV2」「進捗一覧V2」などからアクセスできます。

 

 

 

各画面より、確認したいデータの上で右クリックし、作業の編集をクリックします。

 

 

作業の編集の画面下半分に操作ログが表示されています。

 

受注に関するログ

操作ログは手配後に見ることができますが、受注作成時から記録されています。

通常一番最初のログは、受注の登録・作業の手配になります。

 

工程に関するログ

 

工程の着手完了を行うとログに残ります。

 

 

 

バーコードではない操作の場合でも記録されます。

 

出荷に関するログ

 

出荷登録した場合にログに残ります。

 

 

同一受注の全ての出荷登録が終わると、受注完了のログが残ります。

 

表示名について

ログに表示されている名前は、ログインユーザー名です。

着手完了の担当者名ではありませんので、ご注意願います。

こちらの記事も読んでいます

 

 

 

 

 

© NeoSystem Corporation