使い方

製品・受注マスタのマークの使い方

製品や受注に、注記として文言を登録する方法はTaktoryでは多くありますが、

毎回同じ文言を登録していることはありませんか?

マーク機能をリリースしました。

このマーク機能は、あらかじめ5項目まで登録することができます。

その5項目を製品や受注に簡単に設定することができ、あとから製品や受注の検索をするときに役立てることができます。

たとえば、

  • 受注の場合、得意先引取もしくは、配送なのか
  • 製品の場合、過去不良ありかそうでないか

こういった簡単なステータス(最大5項目)を製品、受注に対してそれぞれ自由に3つ(Mark1,Mark2, Mark3)まで登録することができます。

 

 

Mark1、Mark2、Mark3を登録する

受注および製品につけるマークを最初に登録します。

1.製品マスタv2、受注マスタv2に行きます

2.Mark1〜Mark3のボタンを右クリック

3.入力して登録ボタンを押すと登録できます。(最大5項目まで)

Mark1、Mark2、Mark3を受注、及び製品に設定する

1.製品マスタv2、受注マスタv2に行きます

2.マークを設定したい製品(受注)にチェック

3.Mark1〜Mark3のボタンを左クリック

4.登録したマーク(最大5項目)から選択して登録ボタンを押す

すると製品(受注)に対してマークが設定されます。

こちらの記事も読んでいます

 

 

 

 

 

© NeoSystem Corporation