使い方

製品の「基準単価」と「受注単価」

製品の単価について、これまでは製品マスタの基準単価と単価リストに金額を保存していましたが、受注ごとに単価を保存するように変更しました。

 

つまり「基準単価」と「単価リスト」は金額のマスタの扱いで、「受注単価」が実際に納品書や請求書に記載する金額となります。

 

この変更による操作上の変更点と注意点、操作方法をご説明します。

変更点と注意点

  • 受注登録時点の基準単価が、「受注単価」として保存されるため、あとから基準単価を編集しても自動反映されませんのでご注意ください。(基準単価が0円の場合を除く)

 

  • 受注マスタの単価計算の画面操作が少し変わります。単価リストに存在しない金額を入力した場合に、単価リストに保存する・しないの選択が可能になります。

 

  • 納品書作成・請求書作成画面から、編集できるのは「受注単価」になります。

 

  • 「基準単価」を編集できるのは、製品編集画面のみになります。

 

こんな場合どうする?

 

 

1.製品の価格改定があった

→製品の編集画面より「基準単価」を変更してください。すでに登録済みの受注にも適用する場合は、「受注単価」の変更も必要です。

 

2.今回の受注のみ単価を変更したい

→受注マスタ・納品書作成・請求書作成より「受注単価」を変更してください。

 

3.受注毎に金額が一定のルールで価格がかわる

→2.と同じですが、単価リストに予め登録しておくと便利です。

 

「基準単価」を変更する

製品マスタを開きます。

 

 

 

対象の製品の編集画面を開きます。

 

 

基準単価の入力欄を修正し、保存します。

 

変更後の単価は、これから登録する受注、もしくは受注登録時に単価が入力されていなかったもののみ適用になります。

 

すでに登録済みの受注がある場合、受注マスタから金額を修正する必要があります。

受注マスタで「受注単価」を変更する

受注マスタでは、受注ごとに一括で単価を編集することができます。

右クリックメニューより単価計算の編集を選択します。

 

 

 

 

モーダルウインドウが開きますので、単価の列を編集してください。

 

 

 

 

単価リストに登録されている金額から選択することもできます。

 

 

 

新しい単価を入力すると、自動的に単価リストに保存されますが、保存したくない場合は「今回のみ」にチェックを入れてください。

 

 

 

 

受注金額は、「単価 × 数量 – 値引き金額」から自動で再計算されます。

 

 

 

 

編集が完了したら、保存ボタンで保存してください。

 

納品書・請求書作成で「受注単価」を変更する

納品書・請求書作成の画面では、一覧から直接「受注単価」を編集することができます。

 

 

 

受注単価の列にカーソルをあわせると、鉛筆マークが表示されます。

 

 

※受注単価の列が表示されていない場合は、「表示項目を変更」のタブから、受注単価にチェックを入れてください。

 

 

鉛筆マーククリックするとフォームが開きますので、直接金額を書き換えてください。編集後エンターまたはカーソルが外れるとすぐ保存されます。

 

ここで入力した単価は、納品書・請求書作成時に適用されますが、製品の基準単価は変更されません。

また、受注金額は自動で再計算されないため、受注の編集画面で金額を修正するか、受注マスタの「金額再計算ボタン」で一括で修正することができます。

金額再計算ボタンで受注金額を修正する

受注マスタで再計算したい受注を選択し、金額再計算ボタンをクリックします。

 

 

確認ダイアログが表示されるのでOKをクリックします。

 

 

修正された金額が赤文字に変わりますので確認してください。

 

 

 

単価リストに登録する

受注ごとに頻繁に単価が変わる場合は、予め単価リストに登録しておくと便利です。

単価リストは、製品の編集画面より追加できます。

単価リストの使い方

こちらの記事も読んでいます