使い方

損益レポートの使い方

売上金額に対して、原価がどれくらいかかっているのか

 

が見たいというお声を多数いただき、本機能を実装しました。

 

Taktoryでは、受注を収入とし、外注発注、材料発注、購入品発注が支出として積算します。

 

さらに、工程にチャージを設定し、作業時間からコスト算出して、支出に加算します。

 

この「収入」ー「支出」 = 「粗利」になり、この値を正確に把握することで、会社がどういった状態かがひと目で分かります。

 

 

 

損益レポートでは、売上とコストの発生状況を月ごとに確認することができます。

損益レポートへのアクセス方法

損益レポートへは、ホームの分析メニューから、もしくは

 

 

グローバルナビゲーションの分析タブから、アクセスすることができます。

 

損益グラフの見方

 

損益グラフは、得意先ごとの売上が正の方向に、作業・外注・購入品・材料のそれぞれのコストが負の方向に、積み上げ棒グラフで表示されます。

 

各数値は以下のデータから取得されます。

 

売上・・・受注マスタ、もしくは納品請求リスト

作業コスト・・・工程チャージ×製作時間

外注コスト・・・外注指示リスト

購入品コスト・・・購入品発注リスト

材料コスト・・・材料発注リスト

 

折れ線グラフは「売上の合計 ー コストの合計 (粗利) 」の数値です。

 

工程別原価推移の見方

 

工程別原価推移は損益グラフのコストの内、作業コストについて、工程ごとに積み上げ棒グラフにしたものです。

 

工程マスタのチャージが設定されている場合に、チャージ×製作時間の値が表示されます。

 

 

担当者別原価推移の見方

 

担当者別原価推移は、損益グラフの内の作業コストを、担当者別に積み上げ棒グラフにしたものです。

工程別と同様に工程チャージが設定されている場合に表示されます。

表示期間について

 

グラフの集計期間を変更することができます。

最終年、最終月は、グラフの一番右側の月を設定できます。

月数は、何ヶ月分集計するかを設定できます。

 

最終年が2022年、最終月が1月、月数が6ヶ月の場合、

2022年1月から遡って6ヶ月分のデータが集計されるので、

2021年8月〜2022年1月までのデータが表示されます。

材料、購入品の集計日について

 

材料・購入品の集計日は、材料発注リスト、購入品発注リストに登録している日付で集計されます。

 

 

発注日と入荷日のどちらで集計するのかを、切り替えることができます。

 

 

売上の集計日・集計金額について

 

売上のデータは、受注日、出荷日、納品日、請求日のいずれで集計するのかを切り替えることができます。

 

 

受注日・・・受注マスタにて受注日として登録した日付で集計されます。集計金額は受注金額の合計です。

 

 

出荷日・・・受注マスタにて納期として登録した日付で集計されます。集計金額は受注金額の合計です。

 

 

納品日/請求日・・・納品書/請求書作成時に、納品日/請求日として登録した日付で集計されます。集計金額は、納品書/請求書に記載の合計金額が集計されます。

 

 

単位の切り替えについて

 

金額の表示単位を変更することができます。

 

3つのグラフ全ての数値の単位が切り替わります。

 

集計金額が大きすぎて数字が見づらい場合にご利用ください。

こちらの記事も読んでいます