使い方

作業日報v2の使い方(週・月表示)

作業日報V2では、週表示、月表示も機能として備わっています。
この機能により、担当者である自分がこの1週間、この1ヶ月のいつどんな作業を実施したかという
あとから見直すことができます。
また、あらかじめ担当を振り分けておくと、来月の予定を作ることもできます。
どういった予定だったのか、また実施した結果はどうだったのかを見比べることができます。

表示例

期限(未完了)について

期限(未完了)は未完了工程で担当者と工程期限を設定すると表示されます。

 

設定方法

1.全作業編集v2に行きます。

2.行の上で右クリックします。

 

 

3.作業の編集をクリックします。

 

 

4.赤い四角で囲んでいる期限と担当者が入力されていれば工程期限が表示されます。

 

表示変更

① 表示フォーマット 

日表示、週表示、月表示と切り替えれます。

② グループ

担当者グループごとに表示を切り替えれます。

※担当者グループを変えた直後は担当者が「作業者一覧」に変わります。

※作業をみたい方は担当者プルダウンを表示したい担当者か「全表示」を選択してください。

 

 

③ 担当者

担当者のリストと「作業者一覧」「全表示」があります。

担当者を選択した場合は、表示期間内の担当者の作業の一覧が表示されます。

 

・作業者一覧

 

 

「作業者一覧」を選択した場合、選択しているグループの中で表示期間内に担当している作業がある担当者の一覧を表示します。

※「作業者一覧」を選択している場合、作業の表示はされないので「全表示」か表示したい担当者を選択してください。

 

 

 

・全表示

 

 

「全表示」を選択した場合、選択しているグループの中で表示期間内に担当している作業の一覧を担当者ごとにまとめて表示します。

 

※データの量が多い場合ページをまたぐ事があります。その際は次の50件を押してください。

 

 

日報編集

※表示フォーマットや編集方法によっては編集ができないものが存在します。

※開始済と期限(未完了)の編集はできません。

 

日報編集ボタンを押すと編集モードになります。

 

 

編集方法には以下の3つがあります。

 

その1 ドラッグ&ドロップ

マウスの左のボタンを押した状態で左右に動かすと日付が変更できます。

 

編集できるもの

・完了済の工程

・期限(完了)

 

 

 

 

 

その2 リサイズ

工程名が書かれたイベントの端にマウスを移動すると矢印マークがでるので

その状態でマウスの左のボタンを押した状態でマウスを移動すると日時が変更されます。

 

編集できるもの

・完了済の工程

 

 

 

 

 

 

 

その3 編集画面

クリックすると編集画面が立ち上がるので開始時間や終了時間を変更して保存ボタンを押すと変更できます。

 

編集できるもの

・完了済の工程

 

 

 

 

 

こちらの記事も読んでいます

 

 

 

 

 

© NeoSystem Corporation