使い方

製品のレベルとレベル0検索の使い方

複数の子部品で構成された製品の作業指示において、親か子かの情報だけでなく、階層のどこにあたるかを確認することができます。

また、レベル0検索では親製品の製品コードで検索すると、子部品の作業指示までも一緒に絞り込むことができます。

レベルの項目について

表示項目の「レベル」にチェックを入れると、製品の構成における階層が数値で表示されます。

上の例では、親製品は0、子部品は1、孫部品は2と表示されています。

 

 

レベルによる検索

検索項目の「レベル」に、数値で条件を入力すると、そのレベルの製品に関する作業指示が絞り込めます。

例では「1以上」で検索しているので、親以外が表示されます。

また「0のみ」で検索すれば、親製品のみが表示されます。

レベル0検索

「レベル0検索」の項目に、製品コードを入れて検索すると、条件に一致する親製品と、その製品を構成するすべての子部品の作業指示が絞り込めます。

1つの受注にたくさんの製品があり、その中の特定の製品の作業指示だけがみたい、などの場合に「受注コード」と「レベル0検索」に入力すると絞り込むことができます。

 

 

↓parent-Aの構成

注意点

上図のように、同じ子部品が別のレベルに存在する場合、作業指示は数値の低い方のレベルにまとめられます。

例の場合はchild-bの製品は1と3に存在しますが、手配後は1になります。

 

 

© NeoSystem Corporation