使い方

外注指示v2について

外注指示の方法はいくつかあります。

初めての場合、リピートの場合、一括、個別など、場合に応じて使い分けてください。

また、外注指示を行うには条件があり、未手配外注リストV2に表示されない場合は条件を満たしていない可能性があります。

外注指示を行う条件

次の場合には外注指示ができません。

 

1.工程マスタで外注設定にチェックがない

 

外注設定にチェックがある工程のみ、外注指示ができます。

作業指示をしたあとでも工程マスタから編集することで、すぐに反映されます。

 

 

 

2.作業の手配が完了していない

受注を登録しただけでは外注指示はできません。

未手配リストから「次へ」をクリックして手配を終わらせてください。

 

 

 

3.工程が完了済み、または出荷待ち、出荷済みである

 

作業が完了して出荷待ちの状態になっていたり、着手完了登録で工程ステータスが中断、再開、完了のいずれかになっている場合は、外注指示はできません。

作業の編集から、作業状態を「着完やりなおし」にしてください。

 

未手配外注リストV2から一括で外注指示を行う

 

外注指示をする工程にチェックをいれ、「外注の手配」をクリックします。

 

 

別ページに選択した工程の編集フォームが表示されます。

このとき、リピートの場合は直近の指示内容があらかじめ入力されています。

 

直近ではなく以前登録した内容から設定したい場合は、履歴ボタンをクリックすると5件前までの履歴が表示されますので、そこから選択してください。

 

 

 

 

外注コードを指定する場合は左上のボックスに入力します。

空白で登録すると自動採番されます。

この画面に表示されているすべてに対して、同一のコードを付与します。

 

 

 

別のコードを付与したい場合は別々に登録する必要がありますので、✕ボタンでリストから削除します。

 

 

見出し行のフォームに入力して水色のボタンをクリックすると、全てのフォームに一括で同じ内容を入力することができます。

 

 

入力が完了したら、登録ボタンをクリックすると、外注指示が完了し外注指示リストに移動します。

 

 

未手配外注リストV2から個別に外注指示を行う

未手配外注リストV2のリストの上で右クリックすると、外注指示の編集というメニューが表示されます。

一件ずつ登録したい場合はこちらから行ってください。

 

作業の編集から外注指示を行う(リピートのみ)

同じ製品、同じ工程での再手配の場合のみ、作業の編集から外注指示が可能です。

 

 

詳しい説明は「作業指示からリピートの外注手配を行う」をご覧ください。

© NeoSystem Corporation