使い方

不良発生履歴の使い方

品質を管理する上で、製作過程で不良品が発生した場合、その登録が必要になってきます。
Taktoryでは、作業の製造工程において不良が発生した場合、その主要因、副要因、実際起きた現象という
3つの項目を履歴として、登録することができます。
不良品が発見された時に登録しておくことで、過去にどの製品のどの工程で不良が発生したか、また、どういった要因
発生する不良が多いのかを、担当者別、期間別、製品別とさまざまな切り口で集計することができます。

不良発生要因の登録

1.不良要因に行きます。

2.編集ボタンを押して

3.要因の登録

※必ず主要因を登録した際は副要因の登録もお願いします。

不良発生履歴の登録

登録方法1:全作業工程リストV2から登録

 

1.全作業工程リストV2に行きます。

 

 

 

 

2.不良が発生した作業工程にチェックを入れ、不良登録ボタンをクリックします。

 

 

 

3.主要因、副要因を選択して、現象を入力して登録します。

 

 

 

4.追加ボタンをおしたら実際の作業指示書からも登録できます。

 

 

 

バーコードの入力フォームが表示されます。

 

 

 

工程のバーコードを入力してください。

 

 

 

5.登録したものが不良発生履歴に表示されます。

 

 

登録方法2:バーコードで追加

作業指示書からバーコードで一括追加します。

 

1.不良一括登録に行きます。

 

 

 

2.作業指示書からバーコードを読み取って送信します。

 

 

 

3.登録したものが不良発生履歴に表示されます。

 

不良発生履歴を見る

登録したデータは「不良発生履歴」で一覧できます。

選択したデータをエクセルでダウンロードすることができます。

エクセル入力はフォーマットを決めれば登録できるように設定できます。

 

 

 

 

また、以下の別メニューより、右クリックで不良発生履歴を検索することができます。

 

・製品マスタV2

 

・全作業編集V2

 

・作業指示リストV2

 

 

・進捗一覧V2

 

エクセルアップロード

ダウンロードしたエクセルを編集し、アップロードすることができます。

 

バーコードを元に作業工程を特定していますので、それ以外の列を編集してください。

尚、受注や製品の情報もエクセルに載ってきますが、ここでは不良履歴に関する情報(カテゴリ、理由、発生日)の編集のみ有効です。

 

© NeoSystem Corporation