使い方

製品エクセルのインポート

製品マスタV2では、製品の編集、新規登録、工程の編集等を、エクセルファイルで一括で行うことができます。

 

・タイプや特記などの付随情報をまとめて追加したい

・複数の製品の単価が変更された

・新たな工程が追加され、多数の製品が対象になっている

 

など、ブラウザ上での修正では時間がかかってしまうような作業を、エクセルで編集してアップロードするだけで簡単に行えます。

元となるエクセルデータをダウンロードする

製品マスタV2より、編集したい製品を選択し、ダウンロードボタンをクリックします。

 

 

 

ダウンロードしたファイルを開きます。

(※ブラウザからダウンロードしたファイルは、通常は「ダウンロード」フォルダに入っています。)

 

 

ファイルを開くと、選択した製品の情報が記載されています。

データは「製品リスト」と「工程」のシートに分かれています。

 

 

 

製品の情報を編集する

まずは簡単に製品の情報を編集してみます。

 

「カバー」という製品の製品名を「カバーA」に修正しました。

 

 

 

 

エクセルデータを保存したら、インポートの画面を開きます。

 

 

 

「ファイルを選択」のところで、先ほど編集したファイルを選択します。

 

インポートをクリックすると、製品のデータがエクセルの通りに編集されます。

 

 

 

 

インポート時の設定について

製品エクセルをインポートする際に、取込のルールを変更することができます。

 

 

Taktoryに製品コードが存在しない時に、どのように処理するかを変更できます。

「する」を選択した場合・・・新たに製品が作成されます。ただし工程に入力がない場合は登録に失敗し、エラーログが出力されます。

「しない」を選択した場合・・・その行はスキップし、エラーログが出力されます。

 

 

「しない」を選択した場合は、在庫数は変更されません。ただし、製品を新規登録する場合は入力された値が反映されます。

 

 

「しない」を選択した場合、工程シートの内容は全く影響しません。

ただし、製品を新規登録する場合は、工程シートの同じ行から工程を設定しますので、入力がないと新規登録は失敗しエラーログが出力されます。

 

元ある製品をコピーして新規作成する

先程、製品名を「カバーB」に変更した行の、製品コードを「パーツHIJ_2」に変更してみます。

 

 

 

Taktoryに「パーツHIJ_2」は存在しませんので、このままインポートするとエラーになります。

 

 

 

インポート時の設定を、製品を新規作成「する」に変更します。

 

 

 

無事、新しい製品が登録されました。

 

 

製品マスタV2でも追加されていることが確認できました。

 

 

工程を編集する

工程を編集してみます。

「カバーA」という製品には、「レーザー」「ブレーキ」の工程が設定されていますが、新たに「仕上げ」「検査」を追加します。

仕上げ:k7

検査:k5

をそれぞれ「カバーA」の行の、工程コードの列に入力します。

 

 

工程の登録・編集時には工程コードのみが参照されるため、工程名は入力しなくても構いません。

(背景がグレーの部分は、編集してもデータには影響されません)

 

 

 

工程シートの修正を反映「しない」を選択した状態でインポートすると、下のように「更新する情報がありませんでした」と表示されます。

 

 

工程シートの修正を反映「する」にしてもう一度取り込んでみます。

 

 

無事取り込めました。

 

製品の編集ページでも、工程が追加されたことが確認できました。

 

※なお、工程の編集は工程コードが全て設定されていることが必要条件です。

一部の工程に工程コードがない状態で、ダウンロードしたエクセルをインポートすると、工程が削除されてしまいますので、ご注意ください。

 

エクセルに行を追加して、新しい製品を登録する

最初の例ではもともとある行の製品コードを編集して、新しい製品を登録しました。

今度は新たに行を追加してみます。

製品名と製品コードだけを入力しました。

 

 

 

このままインポートすると、「工程は必ず一つは登録してください」とエラーが表示されます。

 

シートを「工程」に切り替えて、工程コードを入力します。

 

 

無事に登録できました。

 

 

製品マスタV2でも、追加されたことが確認できました。

 

 

 

インポート時の注意

エクセルでの製品インポートは、複数の製品をまとめて編集または登録することができ、うまく活用すれば作業の効率がぐんとあがります。

ただし、複数のデータに一気に更新が入るため、少し注意が必要です。

 

不要な設定項目は「しない」にしておく

 

製品の新規追加・在庫数の変更・工程の編集、いずれにおいても、変更する予定のない項目は「しない」にしておいてください。

意図しないデータの変更を防ぐことができます。

ダウンロードしたエクセルの編集は、セルの値の編集のみ行う

 

「製品リスト」にある製品の工程は、「工程」のシートの同じ行番号にあることが前提になっています。

エクセルの機能で、並び替えや行削除、列の入れ替えなどを行うと、製品と工程がずれてしまうため、行番号が変わるような編集は行わないでください。

 

工程の編集を行う場合は、全ての工程に工程コードを登録する

 

エクセルで工程を取り込む際には、工程コードのみを参照しているため、工程コードがないと、現在登録されている工程が削除されてしまいます。

必ず全ての工程に、工程コードを登録するようにしてください。

 

念の為ダウンロードしたデータはバックアップを取っておく

 

ダウンロードしたエクセルを編集してインポートした場合、編集前のデータを再度インポートすれば元に戻すことができます。

編集する前にエクセルファイルをコピーして、バックアップを取っておくようにしてください。

© NeoSystem Corporation