使い方

作業完了後に時間の修正を行う

バーコードでの着手完了登録を間違えて実行してしまった場合、全作業工程V2より手動で修正を行うことができます。

ただし共同作業を実施した場合等、注意点がありますのでご確認ください。

 

 

 

全作業工程リストv2の場所

ホーム画面からは、作業メニューのこちら

 

 

グローバルナビゲーションからは、こちらからアクセスできます。

 

修正したいデータの検索

作業指示書等バーコードが記載された帳票が手元にある場合、バーコード検索で簡単にデータが検索できます。

 

水色の検索ボタンをクリックします。

 

 

 

バーコード検索ダイアログが表示されたら、バーコードをスキャンするか、10桁のバーコードを入力しエンターキーを押します。

 

 

下のボックスに入力したバーコードが表示されたら、検索ボタンをクリックします。

 

 

対象のデータが表示されました。

 

 

 

修正画面を開く

修正したいデータの上で右クリックすると、右クリックメニューが表示されます。

 

 

工程の編集をクリックします。

 

 

編集画面が表示されました。

 

データを修正する

編集画面では、担当者・制作時間・作業着手時刻・作業完了時刻・中断理由を編集することができます。

 

上のタブをクリックすると、共同作業を行った別の担当者に切り替わります。

 

時間修正時の注意点

製作時間と作業着手・完了時刻は連動するため、どちらかを編集するともう一方も自動で計算されます。

 

 

製作時間を60分→70分に変更すると、作業完了時刻が、12:16:45→12:26:16に変更されました。

 

ただし、中断履歴がある場合に時間の修正を行うと、中断時間を除いた製作時間に変更され、中断履歴は削除されます。

 

 

また、通常は作業が完了したあとにバーコードを読み込むと、再製作ボタンが「一つ手前に戻す」か「元に戻す(作業キャンセル)」の二種類表示されますが、

 

 

作業時間を修正すると、

 

「一つ手前に戻す」ボタンが表示されなくなります。共同作業者も全て同様です。

「元に戻す(作業キャンセル)」ことは可能です。

 

このように時間を修正すると、グラフや実績照会等で製作時間は正しく表示されますが、中断の履歴や、実際に作業を開始・完了した時間がずれることがありますので、ご注意願います。

こちらの記事も読んでいます