使い方

重要度の設定について

重要度の設定について、ユーザーがカスタムできるように仕様が変わりましたので、
ご説明いたします。

【重要度のルール】

  • 3つのランクに分けることができます。
  • 1つのランクにつき、登録できる文字数は3文字以内です。
  • デフォルトは S A B の3ランクを登録しています。
  • 登録する文字の頭文字がアイコンとなります。
  • 権限がスタッフの場合、変更できません。管理者のみです。

以上のことをきっちり理解していれば、十分にご活用いただけます。

全作業編集v2で、重要度を変更します

全作業編集v2にて、重要度の部分がボタンになっています。B→A→S→Bの順で、どんどんと変わっていくのが分かります。

作業の重要度を切り替えることができます。

同様の機能が、

・進捗一覧v2

にも実装しています。

全作業工程リストv2で、重要度を確認します

全作業工程リストv2では、登録した重要度を確認することができます。

また、検索時に重要度で検索することも可能です。

同様の機能が、

・全外注指示リストv2

にも実装しています。

重要度の文言を切り替えます

管理者のみ選択可能である、会社設定より重要度の切り替えができます。

重要度の設定を変更します

3文字以内であれば自由な文言で設定が可能です。

ここでは例として、

「安い」「普通」「高い」

の3パターンに切り替えてみます。

重要度の文言が切り替わったのを確認します

先程の設定で切り替わりましたので、

今まで「S」としていたものが「高」という文字に変わりました。

会社での統一語句をこの機会に設定いただければ、大変使いやすくなります。

ぜひともご利用ください。

指示書への印刷も反映します

さらに、重要度を作業指示書に出力されているユーザー様においては、設定した文言が指示書に表示されます。

デフォルトは B、A、Sですが、文言を変更して、フォーマットが崩れた場合は、ご連絡ください、早急に修正いたします、

© NeoSystem Corporation