使い方

退社された担当者の扱い方

Taktoryでは、登録人数を50名としていますが、在籍中の担当者数になります。

退社した方については、退社として登録しておけば、登録人数にカウントしません。

本当に必要ない場合は、削除していただいていいのですが、その退社した方で検索する必要がある場合のために、退社フラグを設けています。

例えば、全作業工程リストv2から、以前の工程実績を確認するときに、退社した担当者の名前で検索する場合などを想定してます。

以下に退社した担当者の登録方法を記載いたしますので、ご確認ください。

1.担当者マスタでステータスを退社にする

退社した方のステータスを退社にします。

ここでは、大正さんを退社にします。

2.スタッフ管理でユーザーの有効性を無効にします。

大正さんのログインしているユーザーの有効性を無効化します。

3.退社にしておくと、作業者の選択時に表示されません。

退社フラグを立てておけば、その人で着手完了、出荷登録等はできなくなります。

4.退社しても、検索はいままでどおり使用できます

退社されていても、担当者で検索するときは表示しますので、

検索機能は、通常通り使い続けれます。

© NeoSystem Corporation