使い方

在庫割当について

受注した製品に在庫があり、製作する必要がない場合は、「在庫割当」の機能を利用すると便利です。

在庫割当を行うと、データ上の在庫を増やさずに作業ステータスが完了になります。

また、同時に出荷予約をすると、受注数分の在庫が減算され、より正確な製作指示と在庫の管理が可能になります。

 

全作業編集V2、作業指示リストV2にアクセス

在庫割当の機能は、全作業編集V2、もしくは作業指示リストV2から利用できます。

 

子部品で在庫割当をする

在庫割当を行いたい製品の上で右クリックして、在庫割当をクリックします。

 

 

確認画面が表示されますので、OKをクリックします。

 

 

これは子部品を選択しているので、この作業のみ製作数が0に変更され、ステータスが完了となります。

在庫数は変わりません。

 

親部品で在庫割当をする

今度は親部品で同じ操作をします。

 

 

出荷予約にするかどうかのチェックボックスが現れます。

 

 

チェックすると、製作数0、作業完了に加えて、出荷ステータスが出荷予約に変わります。

子部品もすべて連動して変更されます。

 

 

在庫も減算されています。

 

 

出荷予約のチェックを入れなかった場合は、出荷ステータスは未完了のままで、在庫の変動もありません。

© NeoSystem Corporation