使い方

受注した注文を手配する

受注した注文を手配するのが、「未手配リストv2」および「作業の指示」です。

手配登録とは、その製品の注文が確定し、作業に移ることを言います。

手配を行ってから、工程を変更したり、納期を変更する場合は、「全作業編集v2」および「作業指示リスト」になります。

未手配の状態(「未手配リストv2」および「作業の指示」にある状態)では、「受注マスタv2」「製品マスタv2」で修正ができます。

Taktoryではこの手配を行うということが、作業を進めるスタートになる大事な機能です。

手配を行ってから、キャンセルすれば、作業者が登録した工程の実績データが消えます。

本使い方を見て、注文を受ける→手配するという意味を理解してください。

1.未手配リストv2での手配の仕方

受注マスタv2にて、注文を登録すると、自動的にこの未手配リストv2にデータが作成されます。
ここから、実際手配すべき注文を選んで、「次へ」を押してください。

尚、手配された注文は、この未手配リストv2から消えて、全作業編集v2へ進みます。

2.作業の指示での手配の仕方

未手配リストv2の旧画面になります。
使い方は、未手配リストv2と同様です。
ここから、実際手配すべき注文を選んで、「次へ」を押してください。

未手配リストv2同様、手配された注文は、この作業の指示から消えてます。

© NeoSystem Corporation