お知らせ

2022年9月1日

Taktoryの考えるDXとは

Taktoryは「板金向けクラウド型生産管理システム」として、板金業のDX化を推進しています。

 製造業の中でも板金業は、特に短納期・特注品・割り込み業務が頻発する業種です。そのため、なかなか決まった計画通り業務が進みません。これこそDX化によって解決できるのではないかと考えています。

 Taktoryが最も大事にしているDX化とは、「リアルタイム共有」です。刻々と変化するスケジュールを社内でリアルタイムに共有し、社員同士が常に同じ認識を持ち続ければ、情報の伝達不足による課題やトラブルは発生しません。

 また、このDX化を実現するために必要不可欠な点がもう一点あります。それは、会社にとって使いやすいシステムであるということです。

 生産管理の方法は各社各様なのが当たり前です。データ入力に極力手間をかけず、直感的に操作ができ、見たい情報は簡単に手に入る、そんな使いやすさはパッケージ化されたシステムでは実現が難しく、細やかなカスタマイズが重要になります。

 そこでTaktoryは、一社一社のご要望にすばやく対応できるよう、クラウドでサービスを構築し、会社毎に専用のアカウントとデータベースを提供しています。

 使いやすいから使う、そんな「生産管理システムTaktory」を通じて、日々の情報共有をリアルタイムにすることで、板金業のDX化をますます加速させて行くことを目指します。

株式会社ネオシステム 代表取締役 大曲 一聡

アーカイブ