お知らせ

2022年7月21日

工程負荷スケジュールの使い方

工程負荷スケジュールでは、以下のことがわかります。

「この日は残業が必要そうだ」

「この日はこの工程に担当者を増やそう」

「明日の作業が多いので、今日のうちに明日の分までしておこう」

このメニューを動かすには

各製品の各工程に標準時間

を登録しないといけません。

それぞれの工程がいつ期限で、何時間かかりそうなのか

を「工程・期限・標準時間」の3つの切り口で積算して、カレンダー表示を行います。

「○○時間分の作業がこの日この工程にはあって、そのうち、○○時間分の作業が完了している」

こちらを見る指標となります。

アーカイブ