お知らせ

2021年4月30日

製品のレベルの使い方をUpしました

複数の子部品で構成された製品の作業指示において、親か子かの情報だけでなく、階層のどこにあたるかを確認することができます。

作業指示したときに以下のようにレベルが分かれます。

  • 親部品ならレベル0
  • 子部品ならレベル1
  • 孫部品ならレベル2

また、レベル0検索では親製品の製品コードで検索すると、子部品の作業指示までも一緒に絞り込むことができます。

アーカイブ

© NeoSystem Corporation