納品書、請求書の作成について

出荷カテゴリーにて、納品書、請求書作成を行えるように

全納品請求リストv2 >納品書作成v2 >納品完了リストv2 >請求書作成v2 >請求完了リストv2

をリリースしました。

Taktoryでは、簡易的な納品書、請求書の発行が可能になりましたので、その説明を行います。

まずは、以下がイメージ図です。

 

 

Taktoryでは、受注したオーダーのリストから好きなグループで分けて納品書を発行したり、請求書を発行したりできます。

納品書を発行していなくても請求書を発行できますし、その逆も可能です。

 

 

まずは納品書の発行から進めます。

納品書を発行したいものを選んで、納品日を設定し、PDFで印刷(エクセル、CSVで出力することも可能)

 

納品コードを聞かれますが、特に指定のない場合はランダムに採番されます。

空白のまま、OK。

OKで、今回は、納品書コード「bill08151710」と出力されます。

サンプルの納品書を出力できます。

フォーマットはご要望いただければ変更可能です。

納品書作成v2から先程出力したレコードは消え、納品完了リストv2に入ります。

 

次に請求書の発行に進みます

請求書を発行したいものを選んで、発行。方法は納品書発行と同じです。

請求コードも納品コード同様です。

請求書作成v2から先程出力したレコードは消え、請求完了リストv2に入ります。

 

以下、それぞれの画面説明になります。

 

【全納品請求リストv2】

すべての出荷レコードを表示します。ここで、指定の受注名、製品名のものが現在どういう状態であるかがわかります。

例)得意先:◯◯会社 受注名:サンプル受注1 製品名:カバー 納期:8/31の出荷レコードは、納品書は未発行で、請求書は発行済です。

 

【納品書作成v2】

出荷レコード単位で、納品書が未発行のもののみリスト化しています。

まだ納品書を発行していない出荷のみ表示します。

例)得意先:◯◯会社 受注名:サンプル受注1 製品名:カバー 納期:8/31の出荷レコードのみ納品書は未発行のため、納品書作成v2に存在します。

 

【納品完了リストv2】

納品コード単位で、納品書発行済のもののみリスト化しています。

納品コードごとなので、1行に複数の出荷レコードが含まれています。

例)得意先:◯◯会社 納品コード:bill08151710 が1行リストにあります。

 

【請求書作成v2】

出荷レコード単位で、請求書が未発行のもののみリスト化しています。

まだ請求書を発行していない出荷のみ表示します。

例)得意先:◯◯会社の出荷レコードはすべて請求済みのためありません。

 

【請求完了リストv2】

請求コード単位で、請求書発行済のもののみリスト化しています。

請求コードごとなので、1行に複数の出荷レコードが含まれています。

例)得意先:◯◯会社 請求コード:pay0816084 が1行リストにあります。

以上で、納品書、請求書の作成における、一旦の流れの説明を終わります。

まだまだ、さまざまな値引き金額や、制約事項など細かな設定ルールについては、第2弾にて説明致します。